ホームページ制作に、検索される、効果のあるSEOが完全無料
  • HOME
  • SEO実験室
  • 制作の流れ
  • どうして安いの?
  • 料金表
  • まずはお問合せ

HOME >> 契約書

契約書

見えない物を扱う商品だからこそ
契約書などというと、堅苦しくてガチガチなイメージがありますが、「イメージ」という曖昧なものを扱うにあたり、約束事を決めるとトラプルが少なくなるという結果が出ています。予算と時間の浪費にならないようにお互いに気をつけられる指標として、役立つ事間違いなしです。契約書を契約前に読んでいただく事によって深い理解へとも繋がります。
ホームページ契約委託契約書
お客様名 (以下、「甲」という)と、さとうやホンポ(以下、「乙」という)とはホームページ制作業務に関して、次のとおり契約(以下、「本契約」という)を締結する。
第1条(委託内容)


1
甲は乙に対して、甲がインターネット上に開設するホームページ用のデータ(以下、「本データ」という。)のWEBページ作成業務を委託し(以下、「本作成業務」という。)、乙はこれを受託する。
ここに作成業務とは、甲の原稿等をもとに、乙においてコンピュータに入力、編集して、甲のホームページ用のデータを制作する業務をいう。

2
本データの内容及び仕様については、乙ホームページの「制作の流れ」・「料金表」・「お客さまにご用意いただく物」を基礎とし、甲乙間で適宜協議の上甲がこれを決定する。

3
前項に基づいて決定した本データの内容及び仕様について、公的機関を含めた第三者との間で紛争が生じた場合には、原則として甲が責任を負うものとする。ただし、乙の提供したデータが他人の著作権を侵害する等もっぱら紛争の原因が乙に存する場合にはこの限りでない。
第2条(引き渡し)


1
乙は、甲に対して、本データを、(作成業務中に変更・訂正等がない限り)制作の流れで算定した期間以内に引き渡す。引き渡しは、甲の指示に従いインターネット上に本データを公開した上で、本データの記録されたCDを納品することにより行うものとする。納品にかかる費用は乙の負担とする。

2
前項に基づき本データの納品を受けた場合、甲は直ちにこれを検収し、瑕疵ある場合には、乙に対して、納品後1週間以内にその旨通知して補修を求めなければならない。

3
本データに瑕疵がない場合には前第1項の納品をもって、また、瑕疵がある場合には前号による補修済データの納品をもって、引き渡しの完了とする。
第3条(委託料)


1
甲は乙に対し、本作成業務の対価として料金表に定めた委託料を3回の分割にて支払う。

2
甲は、契約後、乙からの請求に対し、速やかに、最終精算金額を、乙の指定銀行口座に振込む方法により支払う。但し、振込費用は甲の負担とする。
第4条(本データの権利)


1
本データの所有権、著作権は、一切、原始的に乙に帰属する。

2
甲は、書面による乙の承諾があれば、本データを、自ら使用せしめることができ、また改変することができる。
第5条(秘密保持義務)


1
乙は、本編集業務の遂行に際して知り得た甲の原稿内容その他の情報を、第三者に漏洩し、または本編集業務以外の目的に自ら利用してはならない。

2
乙はその会員及びその他の者に、前項の義務を守らせるため必要な措置を講ずるものとする。
第6条(契約の解除)


1
第1条第2項に基づいて甲が決定した本データの内容又は仕様が、公序良俗、法令、慣習等に違反し、ホームページの内容として不適切なものであ り、甲においてこれを変更する意思がないものと、乙が認めた場合には、乙は直ちに本契約を解除することができる。

2
甲または乙は、相手方がその責に帰すべき事由により本契約の条項のいずれかを履行しない場合は、相手方に対して相当の期間を定めて書面による催告を行い、なお履行がないときは、書面による通知をもって本契約を解除することができる。
第7条(本契約の変更)


本契約の変更は、甲乙双方が調印した書面によってのみ行うことができる。
第8条(協議)


本契約に定めのない事項、または本契約の解釈等に疑義が生じた場合には、その都度、甲乙双方誠意をもって協議し、円満解決を図るものとする。
第9条(修正)


イメージラフの直しは一回のみ。それ以上の修正については乙ホームページの「料金表」にある直しの項に基づき、前払いした料金以外に追加料金が発生する。

以 上

本契約の成立を証するため、この契約書を2 通作成し、甲乙署(記)名押印のうえ、各自1 通を保有する。
お手元にダウンロードできます。
契約書ダウンロード(word文書)
契約書ダウンロード(word文書)